読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

墨東紀行 夜桜編

いつの世も、美しいものは恋人たちの夢の中に存在します
私と同じにのぞき見の人も

f:id:ponkichi02:20160406182529j:plain



夜船のにぎやかさが、かえって桜の妖艶さを増すような
川面に映る明かりさえ、春には違って見えるものです

f:id:ponkichi02:20160406184852j:plain



すっかり舗装された桜の並木道は
古いものの時間と新しいものの時間の
違いを語っているようです

f:id:ponkichi02:20160406184523j:plain